専業主婦3年生の通信簿!いまだに自信が無い日々のブログ

*

もう年なので猫のえさについて考えてみた

   

近所の動物病院で里親を探している貼り紙を見て、中に入りました。

そこには、生まれて2週間の男の子がいました。

最初に会った時は、まだ両手のひらにおさまるほど小さく
高い声で「ミュー、ミュー」と鳴いていました。

それから2週間後、「もう離乳食を食べられるようになったので里親として迎えたいなら、明日にでもどうぞ」と
動物病院から連絡が入り急いで迎えに行きました。

あの日ほど、朝が来るのが待ち遠しかったことはありません。

今は、私が外出から戻ると、走って玄関まで迎えに来てくれます。

時々、完全に眠り込んでいたのか?玄関まで迎えに出られなかったときは、悔しそうにしている様子も可愛くて仕方ありません。

赤ちゃんの頃から、甘噛みをしていましたが、大きくなってからは本気で噛んでしまうので
コートやバックなどの厚手のものも随分、捨てました。

カーテンもぶら下がって遊ぶだけでなく、噛んでしまうので買い替えなければなりませんでした。

噛んだあとに飲み込んでしまうことも多く、心配なのですが、ずっと見ていることも出来ずに困っています。

そのほか、ビニール袋なども大好きで、中に入って遊ぶだけならいいのですが
やはり噛んでしまうので、どうしたものかと困っています。

我が家の猫は、産まれてすぐの状態で3匹共、我が家の庭にいました。
ですので、その状態から完全室内飼いで成長していきました。
キジトラの1匹は雄でして、キジトラのもう1匹と、黒猫はメスです。
生後4ヶ月から去勢と避妊手術が出来ますので、すぐに手術をしました。
とにかく、3匹とも仲良くいつも一緒にいます。
我が家の猫はあまり猫らしい性格ではなく、犬のように、飼い主の言う事をきちんと聞きますし、とにかく甘えん坊でして、いつもデレデレしています。
可愛くて仕方ない事はたくさんありすぎまして、書ききれません。
全てが可愛いです。
いつも出掛ける際、帰宅の際に玄関で3匹並んで、お見送りとお迎えをしてくれます。

産まれてすぐから飼っていますので、しつけも、しっかり出来ていますし、お利口さんなので、正直困ったところはありません。
申し訳ございません。
去勢と避妊手術をきちんと早くした為、雄の盛りも全くないですし、メスの月経も全くありません。
きちんと話をしましたら理解しますし、自分達は兄弟という認識もしています。
本当に仲が良く、ケンカもしませんし、トイレも1回もそそをした事がありませんし、爪磨ぎも決まった場所にしかしません。
あえて困ったところを探しますと、3匹共とにかくデレデレしてますので、忙しい時にかまってあげられない事くらいです。
猫のえさ与え方と量

 - 猫生活